スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

短期間で電験3種に合格する方法〜1冊の問題集で4ヶ月間で合格〜

 
 
電験3種は約6割得点できれば合格できます。 
 
満点を狙う必要はまったくないわけです。 
 
しかも、電験3種は5者択一式です。 
5つの中から1つを選べばいいのです。 
 
つまり、全部適当に書いても20点取れてしまうということです。 
 
ですから、あなたが実力で解くのは半分でいい事になります。 
もう一度言います。 
 
あなたが実力で解くのは半分でいいのです!! 
 
残りの1割はまぐれあたりの分が加算されて合計6割になります。 
 
どうですか。
 
半分取ればいいと考えたらずいぶん気が楽になったでしょう? 
 
しかも、頻繁に出題される単元はある程度決まっています。
 
めったに出てこない単元を必死になって勉強する必要はありません。 
 
おまけに択一式ですから、
多少記憶が曖昧でも結構正解してしまったりします。 
 
あなたが完璧主義で、
電験3種にかかわるすべての単元をマスターしなければ気がすまないという人であれば、
この商材は向きません。 
 
分厚い参考書を1ページ目から気が済むまで勉強してください。 
いつかきっと電気に関するオーソリティーになれるかも知れません。 
 
参考書というのは、
まずほとんど試験にでないであろうことまで書かれています。 
 
なぜなら、万が一参考書に書かれていない項目が試験に出たりしたら、
その参考書の著者は立場上非常に困るので、
余計なことまでごちゃごちゃ書いてあるわけです。 
 
でも、よく考えてみてください。 
 
あなたは電気の権威になりたいわけじゃないでしょう? 
仕事上必要に迫られて資格が必要なのではありませんか? 
 
あるいは、いつリストラされても心配ないだけの
社会的ステータス性のある資格がほしいのではありませんか? 
 
それでしたら、
さっさと要領よく出るとこだけ勉強して電験3種に合格してしまいましょう。 
 
100点満点で合格しても60点で合格しても、
もらえる免状に違いはありません(笑)

「わかったわかった、それじゃあ具体的にどうすればいいんだ?」 
 
はい、そこで今回わたしが自分の持つすべてのノウハウを
E−BOOKにまとめましたのでご紹介したいと思います。 
 
書店に行けば電験3種に関する参考書や問題集は山ほどありますが、
勉強方法や受験テクニックについてかかれたものはまずありません。 
 
参考書や問題集を書いている先生というのは、
いわゆる電気の学者とも言うべき専門家です。 
 
電験3種の問題を解くための知識はすばらしいのですが、
効率よく電験3種に合格するためのノウハウは持っていません。 
 
その結果、皆さん参考書を買ったはいいが
勉強法が分からずに効率の悪い勉強を続けているのです。 
 
一般の書籍にないからこそE−BOOK、すなわち情報商材の登場となります。 
すなわち、情報商材を買うということは一般的には手に入らない情報を買うということです。 
 
ですから、一般書籍にくらべてこのマニュアルが高すぎると
感じる方もおられると思いますが、考えてみれば高いのは当然のことです。 
 
ノウハウを買うというふうに考えていただければ
理解していただけるかと思います。 
 
しかも、従来の参考書や問題集をフルにそろえての勉強となると
書籍代だけで2〜3万円はかかってしまいます。 
それをたった1冊の問題集で済ませてしまおうというのです。 
 
さらに、あなたが